軽自動車の値引きはワゴンRやアルト、スペーシア、エブリィなどが期待できます。

値引きしやすい車種・スズキ

 

スズキのロゴ

 

スズキの値引きがしやすい車種をまとめました。

マツダの値引きしやすい車種は?

 

 

軽よりも乗用車の方が値引きがしやすい

スズキといえば軽自動車が有名ですが、値引きやお買い得感で言えば乗用車の方が注目できます
特にスイフト、ソリオ、エスクードはライバル車種と比べても大きな値引きを期待できます

 

新型車のイグニスや、遊び車のジムニーシエラ、日産からのOEMになっているランディは若干値引きが渋いようです。

 

この中でもエスクードはSUVブームで他社が値引きを引き締めた強気な販売をしている中、街乗り用の大衆車と同等以上の値引きを期待できます

 

 

 

軽は昔からある定番車種の方が値引きがしやすい

軽自動車全般はメーカーを問わず値引き枠が少ないですが、車種によっては10万円前後の値引きが可能になります

 

軽の中でも昔からある定番車種は比較的値引きがしやすいです。

 

スズキの値引きしやすい軽自動車一覧
  • ワゴンR
  • アルト
  • スペーシア
  • エブリィ

 

ロングセラー車種の中でも、ジムニーだけは別格で基本的に値引き交渉の余地はほとんどありません

 

デビュー以来、安定した販売台数を確保しているハスラーや、新型アルトワークス、車両本体価格の設定が安いアルトエコなども引き締めた値引きを継続しています。

 

もし軽だから値引きができないと言われた時は、他の販売店や同じ車種をOEM提供しているマツダの軽などの見積りを出して競合させるとよいでしょう。

 

 

 

未使用車よりも新車の方が安い事も

近年はスズキの軽は登録済み未使用車といった販売方法が増えています
中には軽の未使用車専門店も登場しているようです。

 

値引き枠が少ない軽自動車だからこそ、未使用車の方がお得だと考えてしまう方もいますが、なかには新車で限界値引きをしてもらった方が安くなる場合があります。

 

「未使用車=新車より安い」といった先入観を持つのではなく、未使用車を購入する時は新車の見積りと比較して、どれくらい安くて値引きいくら分相当なのかをしっかり確認してから購入しましょう

 

特にディーラーが持っている長期在庫車やショールーム内に置いてあった展示車は登録済み未使用車よりも安い条件が出る事もあります。