新車、中古車に共通してお得感を考える時はリセールバリューが重要です。

新車と中古車どっちがお得?

 

車のお得感について新車と中古車を比較しました。

 

 

新車の価値をいかに感じるかがポイント

新車には次のメリットがあります。

 

  • 所有する喜びが大きい
  • カラーやグレード、オプションなどを自分好みにカスタマイズできる
  • メーカー保証が付いている
  • エコカー減税など税制面が有利
  • 自動車保険で新車割引が適用される
  • ランニングコストが安い

 

この中で、維持費関連については新車は確かにメリットがありますが、中古車の購入価格と比べるとお得感はそこまで高くなりません

 

新車はピカピカの最新モデルに乗る優越感や、自分好みにカスタマイズした車に乗る喜びをどれだけ感じられるかがポイントです。

 

「ただ、車に乗れれば良い」など単純にお金と実用面の事だけで考えれば中古車を買った方がお得です。

 

 

中古車は見極めが重要

 

中古車はどれを買ってもお得という訳ではありません
定価がはっきりしている新車とは違い、中古車は1台ずつ状態も価格も違います。

 

程度が悪く割高な中古車を選ぶと、購入価格が高く、タイヤなどの消耗品や故障による修理代などでコストがかかり、新車やもっと高い中古車を買っておけば良かったと後悔する場合があります。

 

最近では大手中古車販売店やディーラー中古車は中古車向けの長期保証が充実しているので、粗悪な中古車を買って失敗する方は少なくなってきました。

 

それでも中古車選びは重要で難しさがあります
失敗しない安心感という面では新車に軍配が上がります

 

 

 

リセールバリューを考える

 

新車、中古車に共通してお得感を考える時はリセールバリューが重要です。
リセールバリューとは売る時の価値の事です。
購入価格が高くても、売る時に査定が高ければお得です。
リセールバリューを考える時は、まずは何年乗りたいかによって変わります。

 

新車は3年や5年で代替えすれば査定が高いですが、購入価格と売却価格の差額を考えると1年あたりの車両代金の負担は大きいです。

 

売る時に値段が付かなくても、新車で買って小まめに整備して20年や20万km以上走れば新車で購入した価値が大きいと評価されます。

 

代替え期間が短いほど、中古車を乗り継いで行った方が総合的にお金はかかりません。

 

また、リセールバリューは車種によって違います。

 

例えば、一般的な大衆車の場合新車から3年後は購入価格の約50%、5年後は30%ほどになると言われています。

 

しかし、一部の人気車種は5年や10年経過しても驚くような高値で取引されています。

 

リセールバリューが高い新車を買って、5年や7年経過して買値の50%以上で売れれば、下手に中古車を買うよりもお得な買い物になります。

 

中古車の場合は、古くてプレミア価値が出ている車種を買えば、売る時に買値以上の値段が付く事もあれば、車両価格30万円以下などの格安車は買った瞬間に買取専門店で査定をしてもらうと0円と言われる事もあります。

 

新車か中古車か検討するときは、車種ごとの特性も踏まえて、「何年後にいくらくらいで売りたい」などの計画を立てておくと失敗や後悔をするリスクが少なくなります