メーカー本決算の3月はメーカーからの値引補助が増えるため、安くなりやすいです。

車が安くなる時期

 

車は時期によって値引きと購入額が変わります。
車が安くなりやすい時期についてまとめました。

 

 

決算月

車の値引きが増える定番の時期です。
決算は主に次のものがあります。

 

  • メーカーの本決算(3月)
  • メーカーの上半期決算(9月)
  • 販売会社の決算(それぞれ)

 

この中でもメーカー本決算の3月はメーカーからの値引補助が増えるため、安くなりやすいです。
2月下旬から決算の動きが見え始めて、決算月に登録するためには3月の中旬には契約する必要があります。

 

また、販売会社はメーカーとの決算とずらして決算月を設定している場合があります。
店舗数が多い販売会社ほど、在庫車両が多いため決算月で好条件が出やすいです。

 

 

 

モデルチェンジ前

フルモデルチェンジやマイナーチェンジをはじめ、イヤーモデルやランニングチェンジ(一部改良)などで新型車が出る前になると、型落ちになる在庫車の叩き売りが始まります

 

カー情報誌やネットの情報でモデルチェンジの時期や、どのような改良が行われるか細くチェックしておきましょう。
ドイツ車などの外車は毎年秋頃に新しいイヤーモデルが出るなどルーティン化しているケースもあります。

 

モデルチェンジ直前だと在庫が少なく希望する色やグレードを選べなくなってくるので注意しましょう。

 

 

 

新型車発売から半年後を狙え

新車はデビューから時間が経つに連れて値引き枠が増えていきます。
どうせなら、出たばかりの新型車を安く買いたいものです。

 

そこでおすすめなのが、新型車が投入されて半年ほど経過した時期です。

 

この時期は新型車の値引きが緩くなってくるのはもちろん、試乗車と展示車が売りに出てくる時期です。
試乗車は半年前後で中古車として売りに出す販売会社が多いです。

 

展示車については原則生産日から9ヶ月以内であれば、陸運局に車の持ち込み不要で新車登録できるルールがあります。そのため、6ヶ月が経過すると販売会社は展示車を売ろうと積極的に営業をしてきます

 

 

 

3週目の週末

ディーラーは店舗ごとや販売会社ごとに月間ノルマがあります。

 

ノルマを達成するとメーカーや販売会社から報奨金が支払われるので、ノルマまであと少しの時期は強引な値引きをしてでも売ろうとしてきます

 

月内登録をするには最短でも1週間かかるので毎月3週目の週末が狙い目です。
ただし値引きの条件ですぐに新車登録できる在庫車を指定される場合があります。