販売店の都合で値引き額が変わることがありますので、何社か販売会社を回りましょう。

新車の場合のポイント

新車の値引き交渉について、販売会社の値引き事情も踏まえてご説明します。

 

新車の場合は、他社メーカーの同等クラスの車と競合させる事も重要ですが、違う販売会社に競合させる事も有効です。

 

販売会社ごとに値引き方針が違うケースもあれば、値引き枠をたくさん持っている販売会社もあります。

迷う男性の画像

 

一部例を出せば日産だったらレッドステージとブルーステージで販売会社が違う事が多かったり、他にも日産プリンス○○など、主要都市などでは特に同じ地域に同じメーカーで違う販売会社が何社もあります。

 

ちなみに同じ販売会社で違う店舗にいっても、ほとんど変わらなかったり、営業マンに悪い印象を持たれるケースもあるので気をつけましょう。

 

 

また新車の場合は車種や時期によって値引き枠が変わる事があります。

 

その要因としては、メーカーの値引き枠が違うからです。

 

メーカーは販売会社に車を降ろす際に、この車種は他社メーカーからの乗り換えだったら値引き枠を○万円補助するとか、条件がついたり無条件の時もありますが、業界用語でメーカー対策といったメーカーが値引きを補助するといったサービスを行います。

 

よくある、今ならカーナビプレゼントキャンペーンなどは、メーカーと販売会社がプレゼント分を折半している場合などが多く、実質はカーナビ代の半分はメーカーの特別値引きになりますが、残りの半分は、通常の販売会社の値引き枠から差し引かれる事になるので、限界値引きまで交渉できれば、この場合はカーナビ分の半分が普段よりも安くなるキャンペーンという計算となります。

 

こういった事情の延長で、メーカーが販売会社に対して、販売会社が月間でメーカーから仕入れした車の数に応じて報奨金を払う場合があり、○○台以上だと、その報奨金の比率が変動するケースなどもあり薄利や最悪赤字でもいいので販売台数を稼ごうとするケースもあり、大きい販売会社などでは自社に、新車置き場(モータープール)を用意しておいて、決算期などには注文がなくても必要な台数分買って自社で保管しておき、販売会社在庫にある車に当てはまれば値引きも多くするといったケースなどもあります。

 

仕入れだけではなく、登録台数に応じてメーカーが販売会に報奨金を出す事もあり、そういった場合は販売会社の名義で登録だけしてしまうケースがあります。

 

 

これが最近よく見る、登録済み未使用車や新古車などとして安く販売されたりします。


 

 

こういった販売店の都合で値引き額が変わる事がありますので、購入する車種が変わったら、何社か販売会社を回るのはとても有効なのです。

 

中古車の場合のポイントはこちら