メーカーは、他社からの競争に勝つために、人気車の値引きに力を入れているケースが多いです。

値引きしやすいメーカーは?

新車の値引き交渉をする際にメーカーごとに値引きのしやすさなどがあります。

 

極端な例をいうとレクサスなどは、徹底して値引きを抑えるという販売方針を全販売店で共通しておりますが、メーカーや車種によっては、どこにいっても値引きしやすいケースがあります。

 

簡単に値引きしやすいメーカーや傾向を紹介します。

大手国産メーカーの中では
・トヨタ
・軽自動車中心のスズキとダイハツ

は値引きがされにくいメーカーとなっています。

 

その他、ホンダ・日産・マツダ・スバル・三菱あたりは車種ごとにバラつきはありますが値引きのしやすさは横一線でそれぞれの車種ごととなっています。

 

車種ごとでばらつきがでる値引きのしやすさについて簡単に傾向のご説明をさせていただきます。

まずは、当然ですが新型車など、フルモデルチェンジしたばかりや、新発表されたばかりの車種は値引きがしにくく、値引きが10万円や5万円なども普通にありえます。

 

マイナーチェンジの場合は、それを理由に値引きを渋ろうとしてくるお店もありますが、マイナーチェンジの幅によっては、しっかり値引きをしてくれる場合もあります。

⇒新車の場合の値引き交渉ポイント

 

 

新型車以外で値引きのしやすさが変わる要因は人気車と不人気車によって変わってくる事が多いです。

⇒中古車の場合の値引き交渉ポイント

 

 

最近の代表的な人気車はトヨタのハイブリッド

プリウスとアクアが高い人気となっておりますが、この2車種については、販売からそれなりの年数が経過してますが、値引きはしずらい車種となっております。

 

プリウスとアクアの画像

 

理由は値引きをしなくても売れる人気があり、販売会社ごとに値引き競争してしまうと、その車の価値や人気が下がってしまうので、一定以上の値引きをさせないように販売店に釘をさしているのです。

 

 

こういう例があると、人気車は値引きがしずらく、不人気車は値引きしやすいと思われる方もいるかもしれませんが、それは逆で、人気車や人気カテゴリーの車は他社からの競争に勝とうとして、メーカーとして値引きに力を入れているケースケースが多いのです。

 

メーカーは人気車種については値引き補助を行ったり、販売店へのインセンティブを増やして販売台数を稼ごうとするケースもあります。

 

逆に不人気車はそういった、メーカーや販売店の取り組みが積極的ではないので値引きしずらいというケースもあり、他社にはない個性があるがゆえに、不人気車となっている車などは、気に入った人だけ買ってくれればそれでいいといった考え方を持っている場合もあります。