ビアンテの値引きは積極的で、50万円や60万円引きの破格の条件が出ることもあるようです。

値引きしやすい車種・マツダ

 

スカイアクティブテクノロジーで人気沸騰中のマツダは、かつてマツダ地獄と呼ばれた過激な値引きの影は潜め、最近では値引きを絞った強気な販売も目立つようになりました。

 

そんなマツダ車の中でも、値引きがしやすい車種を理由を添えて紹介します。

 

 

ビアンテ

2リッタークラスのフルサイズミニバンのビアンテは他社から大きく販売台数で引き離されています。

 

デビューしたのはスカイアクティブ導入前で、マイナーチェンジを経てスカイアクティブ技術を追加投入されました。

 

2008年のデビュー以来、外観の大きな変化はなく、斬新なデザインも目新しさが欠け燃費性能でもライバルに遅れを取っているのが現状です。

 

そのため、値引きは積極的で50万円や60万円引きの破格の条件が出る事もあるようです。

 

しかし実用性が重視されるミニバンでビアンテの価値は高く評価されます。

 

3ナンバーボディーでクラス最大級の室内空間やシートのクッション性はファミリー層からの評価が高いです。

 

とにかく安く新車で大きいミニバンが欲しい人は、一度ビアンテの見積りを取って他社と比較検討してみるとよいでしょう。

 

 

 

プレマシー

マツダはラインナップの変革と、売れ筋車種の重点集中を行い、現在フルスカイアクティブが投入されてないのはビアンテとプレマシーのミニバン2車種になりました。

 

プレマシーは走りの良さも重視したスライドドアの7シーターミニバンで、海外でも良く売れている車種ですが、現在は国内市場全体でボクシーやセレナ、ステップワゴンなどのフルサイズミニバンに人気が集中しています。

 

そのため、プレマシーの販売台数は下降気味でスライドドア車で重量が重く、型が古くハイブリッドモデルの用意が無いため燃費性能も遅れを取っています。

 

こうしたカテゴリーと他社との性能差で苦戦をしているプレマシーは値引きがゆるく、価格帯が高いフルサイズミニバンクラスと同等以上の値引きを提示してくれる見込みがあります。

 

 

 

マツダのラインナップで見る値引き傾向

ビアンテ、プレマシーのミニバン2車種を除くと、現在マツダの軽を除く乗用車のラインナップは以下の通りです。

 

  • デミオ
  • アクセラ
  • アテンザ
  • CX-3
  • CX-5
  • ロードスター

 

この中でSUVのCXシリーズとロードスターは趣味の要素が強い車種です。

 

この3車種は値引きが渋く、今後時間が経過しても値引き枠が大幅に増える見込みは少ないです。

 

それに対してデミオ、アクセラ、アテンザは実用性を重視した大衆車で値引き交渉の余地があります。

 

最近では3車種ともにフルモデルチェンジから一定期間が経過して、それなりの値引き枠が確保されているようです。