レクサスが値引き販売を行わない最大の理由はブランドイメージ力を大切にしているからです。

レクサスが値引きをしない理由

レクサス

トヨタの高級車ブランドであるレクサスは値引きをしない事で有名です。

 

他社メーカーでは通用する値引き交渉術もレクサスでは一切通用しない事がほとんどで、レクサスは値引きをしない販売体制を徹底しています

 

 

なぜレクサスは値引きをしないのか

レクサスが値引きをしない一番の理由はブランドイメージを重視しているからです。

 

1台ごとの利益を重視していたり、生産コストが定価価格に対して高いという理由も少しはありますが、一番の理由はブランドイメージを守る為で決算期や、新型車が出る前のモデルでも極端な値引き販売は行わず無理して販売台数を伸ばす事はしていません。

 

レクサスの車は多くの方が憧れる高級車ブランドである事を維持し続ける為に値引きをしない方針をとっています。

 

 

新車値引きをした車種は中古車相場が崩れる

新車時に大きな値引きをして叩き売りされた車種は中古車相場で値崩れがしやすくなります。

 

レクサスは全ての販売店で値引きに制限をかけて徹底しているので、手放す時の査定価格は同等クラスの他社メーカーよりも高くなります。

 

値引きをしない事で割高感を感じるかもしれませんが、乗り換える時には高額査定が期待できるので、無事故で乗り続ける事ができれば、新車時の割高部分は売却時の査定価格として還元されます。

 

 

値引き販売で業績不振となった高級外車

以前は高級車の代名詞でもあるメルセデスベンツやBMWも値引きをしない販売体制を徹底していました。

 

しかしベンツであればシュテルンとヤナセの販売会社があったり、BMWであれば各地方ごとに独立した販売会社があり各販売会社同士の競走が激化した事や、頻繁にイヤーモデルが変わる外車の特性面から値引き販売が徐々に激しさを増し、国産車に比べても負けないくらいの大きな値引き販売をするようになりました。

 

結果、値引き販売した大衆モデルの車種では中古車相場は大幅に値崩れが起こり、AMGやアルピナモデルや各限定モデルなど値引き販売をしていない一部の車種だけは中古車でも高額で取引されるようになってきました。

 

高級車はブランドイメージが大切で、値引き販売をしてブランドイメージが低くなった事で、金額よりもブランドイメージや見栄を重視する富裕層ユーザーが離れていき、国内での販売低迷へとつながった経緯があります。

 

高級車メーカーの中では後発組みとも言えるレクサスは、こうした高級外車の犯した過ちと同じ道をたどらない為にも新車時に値引きをしないという姿勢を徹底しているのです。

 

 

反対に値引きしやすいメーカーは?