フィットは販売会社が多くの在庫を抱えていることがあるので、値引き交渉の余地が大きいです。

値引きしやすい車種・ホンダ

 

ホンダの値引きしやすい車種を説明する男性

 

 

ホンダの値引きしやすい車種の条件は次の物があります。

 

  • ロングセラー車種
  • メーカーが力を入れている
  • 幅広いユーザーからの需要がある

 

 

 

この3つの条件を全て満たしている値引き交渉の余地が大きい車種は、現在ホンダを代表する車種に成長したフィットです。

 

ファミリーから単身層まで幅広い需要があるフィットは販売会社がメーカーから大量に仕入れてモータープールに多くの在庫を抱えている事があります。

 

そのため、フィットの値引き額は販売店在庫車か、メーカーへ注文するかで大きく変わる事があります

 

値引き交渉をしている中で、営業の方から色やメーカーオプションを変えると安くできると提案される事があるのは、こうした事情からです。

 

もし希望する条件の色やメーカーオプションの組み合わせで値引きを渋られた場合は、違う販売会社にも見積り相談をしに行くと良いでしょう。

 

 

 

続いて紹介したいのが、「最高にちょうどいい」のキャッチフレーズでデビュー当時にバカ売れしたフリードです。

 

2008年発売のロングセラー車種で型が古くなった事から最近では叩き売りが目立ちます。
新型車情報もチェックしながら検討しましょう。
ハイブリットやスパイクではなく、通常のフリードガソリン車が最も値引きしやすいです。

 

 

 

最後に紹介するのがステップワゴンです。

 

現行モデルは、このカテゴリー初のダウンサイジングターボを搭載し、リアゲートは縦と横の両方開閉できる斬新な改良を行いました。

 

しかし、ハイブリッドカーブームの勢いが止まらず、トヨタのボクシー、ノア、エスクァイアの三兄弟に大きく差を付けられ苦戦しています。

 

元々ホンダの主力車種のひとつだっただけあって、この販売不振を価格勝負でライバル車に対抗しています。

 

ステップワゴンを商談する時は必ず他のメーカーも検討していると伝えましょう。

 

上級グレードはもちろん、エントリーグレードに最低限のオプションを付けた内容でも、それなりの値引きを期待できます

 

軽自動車のNシリーズや、フィットをベースにしたヴェゼルなども高い人気を維持してますが、軽や遊び心が強い車種は値引きを引き締めて販売しているようです。

 

また、スライドドア化など、大幅な改良を行ったオデッセイも最近は叩き売りが目立つようになってきました。