全国の平均的な値引きが低い車は、売る時にも人気が高く値落ちしずらい傾向があります。

値落ちしない車種の選び方

車を安く買えたりしても、手放す時に寝落ち幅が大きければあまり得した感じはしないですし、値落ち幅がおおきければ損した気持ちになります。

 

車を買ってから手放すまでは多くの人が何年から何十年という期間を要するので、流行や時代の流れが変わる可能性もあり、こういった車種を買っとけば間違いなく値落ちしずらい。というのも言いづらいのですが、傾向としてはやはり、全国の平均的な値引きが低い車というのは売る時にも人気が高く値落ちしずらい傾向があります。

 

逆に値引きをガンガンして売っているような車は、手放す時には値落ち幅も多くなる傾向があります。

⇒値引きしやすいメーカーは?

 

 

今現在の事情を説明すると…

 

外車でゆとレクサスは値引きをあまりしない販売方針で、今でも中古でいいからレクサス乗りたいといった需要もあり、値落ちしずらくなっていますが、BMWなどは車種によっては、トコトン値下げをしてくれるので、一般的な3シリーズや5シリーズなど、付加価値があまりない代表的なモデルは値落ちがしやすかったりします。

 

アクア

国産の場合は、今一番人気があり燃費が良い車。

 

トヨタのアクアは発売依頼徹底した値引き管理をしてきたのもあり、初回車検通過の中古車などが出てきた今も中古車の値崩れはあまりおきていないです。

 

逆に、新車で叩き売りして売れた車や根本的な不人気車などは人気もなく、値落ち幅も多くなってしまいます。

 

人気がない車でもスポーツカーなどは販売時の値引き枠も少なく中古相場も高く値崩れがしにくくなっています。

 

おおきな傾向をまとめますと、、、

新車で値引きをたくさんされている車は、あまり愛着をもってもらえず、すぐに飽きて売ってしまう傾向あり、中古市場でもタマ数がおおくなり、その車種を買う人はたくさん値引きしてもらって新車で買いたいと思う人が多くなり中古相場は値崩れします。

 

値引きされなかった車に乗る人はその車を大事にするし、中古車市場でもタマ数が出回りにくいので、値崩れもおきにくい傾向があります。