在庫期間が長い中古車は、赤字になっても値引き交渉に応じて安く売ってくれるケースもあります。

中古車の場合のポイント

中古車を購入する際の値引きのポイントですが、中古車は新車と違い、同じ車種やグレード・色をした中古車は存在しても、それぞれの中古車の状態はそれぞれ違い、一部新古車や登録済み未使用車などを除き、全く同じ中古車は存在しません

新車の場合のポイントはこちら

 

ですので、中古車は店頭表示してある車両価格が販売会社ごとのさじ加減となっております。

 

困ってる女性

特に近年は中古車検索をネットなどで簡単に検索できる時代に変わってきて、少し高めの金額設定をして値引き交渉で販売価格を決めるというよりかは、集客性を上げる為になるべく金額を安く設定して、値引き交渉には応じなくワンプライスで売るというのが一般的で、そういった所は値引き交渉に応じてくれる要素がなく、この値段で買わないなら買わなくて構わないといった感じになる事も多いのが中古車の特徴です。

 

 

ですので中古車を探す際は、ネット検索などでその車の価格設定が適正なのか?を確認して、高いと感じた事がある場合のみ、他で似たような車種が○○万円で出てるのでもっと安くできないか?と聞いてみしょう。

 

 

中古車は、販売会社がいくらで仕入れているかも会社により違い、下取りなどで安く仕入れているケースもあれば、業販や査定ミスなので高い金額で買っているケースなどもあります。

 

 

ですので、似たような状態の車でも販売会社ごとに限界設定していても金額が違う事もあります。


 

当然、安く掲載している中古車はすぐに売れ、高く掲載している中古車はなかなか売れません。

 

高いと感じたり、在庫期間が長い中古車については、赤字になってでも値引き交渉に応じて安く売ってくれるケースも中にはあります。

 

 

全体的に中古車は値引き交渉に応じてもらえないのが一般的ですので

  • 車庫証明の手数料をサービスでお願いしたり
  • ETCをサービスで付けるように交渉したり

付加サービスや営業の方のひと手間で補えるような要求をするのが一番有効です。

 

中古車は納車費用車庫証明などの各種手続き代行費用が高い場合も多いので、こういった面も含めて交渉してみるのもいいでしょう。